警察への対応の徹底指導

弁護士に警察への対応の相談をすると殆どの弁護士は正直に話をして下さい とアドバイスしてきます。

これは大間違いです。そんなことをすると貴方は確実に不利な立場になります。

海外の弁護士は、依頼人が有罪にならないようにするのが仕事ですが、日本の弁護士は、罪を認めて反省の色をしましょう。被害弁償をしましょうというのが基本的な方針です。

警察や検察と、真っ向から戦うよりもはるかに楽だからです。

警察の姿勢は、真実の究明よりも、有罪に出来るものなら有罪にして点数を稼ぎたい姿勢なのです。

真実を話せば、公平に聞いてくれる、法律は公平だと思うのも大間違いです。

警察のペースで事情徴収や取り調べをされると警察に都合の良い作文が出来て貴方が有罪にされ、最悪、刑務所に行くことになるのです。

日本の警察は、世界の中で優秀ではなく、司法は最低だと言われています。

起訴されたら有罪率は99.99%以上という異常な数字が物語っています。このような国は日本だけです。

警察に、犯人や加害者扱いをされたら、何が何でも犯人や加害者にしてこようとしてきます。

貴方が警察から事情徴収や逮捕されて取り調べの可能性がある状況の場合、貴方が、有罪にならないように、警察への対応、事情徴収や取り調べにおいて、必殺仕事人と呼ばれるエキスパートが実務的にどういう対応でのぞめばいいか?を心理面を含めて詳細にマンツーマンで徹底指導します。

逮捕されて最悪刑務所に行くとなれば一生が大きく狂います。

貴方が、どんな事情聴取や取り調べをされようと、貴方が冷静に対応出来て貴方が不利益をうけないように徹底指導します。

●徹底指導料 : 33万円(税込み)※ 回数や時間制限もありません。貴方が分かるまで徹底指導します。 
 

 #警察 #事情聴取 #取り調べ #冤罪防止 #違法取り調べ #違法事情聴取