不倫相手と別れたい女性の方へ

浮気・不倫相手と別れたいのに
不倫相手から脅かされて別れることが出来ない女性へ

別れようとすると
「家族に危害を加えるぞ!!」
「職場に不倫関係をばらすぞ!!」
「別れるなら、(交際中に撮影した)裸の写真やセックスの動画をネット上に流すぞ!!」「拡散!!」「晒す!!」
「オマエのわいせつな写真を旦那や子供宛に送ってやろうか。
自宅や近所に送り付けてやるぞ!」
「会わないと言うなら、わいせつ写真を職場にばらまくぞ!」

等と脅されるのです。

このような状況になってしまったとき
警察に行ったら、不倫の事実がバレてしまうから・・・と
弁護士に依頼をされる方もいます。

然しながら、法律の事務屋の弁護士が行う解決方法は、

まず  “相手に内容証明書を送付すること”

の事務なのですが

“内容証明書”を受け取った相手は、脅迫を止めて大人しくなるどころか、ますます逆上してしまい 、相手の女性の交際時に撮影された裸やオナニー・SEX等の猥褻(わいせつ)写真や猥褻(わいせつ)動画を、匿名の郵便物で、女性の自宅や職場に送りつけてきたり、酷いケースでは子供宛に送ってきた、という事例も実際にあるのです。
理由は簡単です。弁護士は単なる代理人であって、弁護士が書いてくることを無視したり逆のことをしようが違法行為にはならないからです。
代理人の弁護士が、ふざけたことを言ってきてるなら無視しても構いません。そもそもまともに相手する必要がありません。

また、不倫トラブルには、
相手に交際時に撮影された裸やオナニー・SEX等の猥褻(わいせつ)写真や猥褻(わいせつ)動画を
脅しの材料として使われ、身体の関係を強要されたり、お金を恐喝されたりしているケースも珍しくありません。

別れたいのに別れられない、金銭を要求される、身体の関係を強要される等、
先が見えないまま、不倫関係継続を強要されます。
脅されて付き合う状況は、かなり悪質です。

たとえ、交際時に撮影された裸やオナニー・SEX等の猥褻(わいせつ)写真や猥褻(わいせつ)動画を材料に脅迫されていたとしても

警察や弁護士では、
交際時に撮影された裸やオナニー・SEX等の猥褻(わいせつ)写真や猥褻(わいせつ)動画について強制的に、相手から回収をしたり、破棄させることは、法律上出来ません。

理由は、 裸やオナニー・SEX等の猥褻(わいせつ)写真や猥褻(わいせつ)動画 であろうと、相手に所有権が、相手にあるからです。

警察や弁護士では、相手が所有する交際時に撮影された 裸やオナニー・SEX等の猥褻(わいせつ)写真や猥褻(わいせつ)動画 を破棄・回収することは不可能ですが

日本で唯一、さくら生活安全相談解決所では、独自の解決手法で
完全秘密厳守で相手が所有する交際時に撮影された 裸やオナニー・SEX等の猥褻(わいせつ)写真や猥褻(わいせつ)動画 のオリジナルを全て回収・破棄をさせることが可能です。
同時に、別れたい不倫相手と、今後一切、関わりを持たれることなく
完全に縁を切ることも出来ます。

請け負った解決依頼については、100パーセントの解決を保証致します。
誰にも知られずに、永久に相手から仕返しや復讐されることもなく、
安心・安全な生活を保証致します。

既婚男性に騙されて、別れたいという女性の方はその男性に慰謝料や損害賠償請求をするべきです。
女性としての大事な期間を、その男性に騙されて無駄にしているわけですから
当然といえるでしょう。このような騙され方の慰謝料請求は、弁護士に依頼したほうが良いと思います。

女性癖の悪い男性の場合、既婚者であっても
独身だよと、偽るのは、詐欺男のいつもの常とう手段に過ぎません。
普通の幸せを築きたい、家庭を持ちたいと考えている独身女性の人生をもてあそぶわけです。
このようなタイプの男性は、女性を卑下してみており、女性の敵ともいえるでしょう。

不倫問題や離婚問題だと、普通に民事裁判で行えるケースなら、弁護士を使うのをお勧めしますが、日本の民事裁判の場合は、判決まで異常に時間がかかりすぎます。

弁護士に相談すると、お金の貸借なら借用書の有無
民事的損害賠償目的なら証拠の有無を聞かれます。
民事的損害賠償やお金の貸借関係の場合
証拠がなければ、訴訟を行っても敗訴する可能性は高いです。

不倫関係の問題や離婚問題だと、有利な証拠の有無や、民事的裁判をするかしないかを聞かれます。
泥沼化するような離婚裁判では、数年なんてあっという間にかかります。

それだけ時間がかかっても納得のいく結果が出ればいいのですが、
勝訴という判決が出ても、相手が判決どおりの行動をしてくれるか否かは、全く別の問題となります。

証拠も揃っているとして勝訴したとしても
裁判所の判決が通用する相手、全く通用しない相手もいます。

裁判勝訴が通用しない相手なら
理不尽な目に合わされて、弁護士を使い裁判を行って勝訴したとしても、返金や支払いはありません。

この実態は、民事裁判を勝訴しても返金されなかった経験をした人は判ると思います。

詳細な強制執行逃れの仕方は書くのを控えますが、

簡単にまとめると
銀行預金から不動産、家財道具まで、自分以外の名義にすればいいだけの話です。名義替えで多いのは家族名義にすることです。
同じ家に住んでいよう家族名義のものには、裁判所の強制執行は効力は及びません。
実質 勝訴判決は単なる紙っぺらになります。

不倫相手と早く別れたい
不倫やめたい
不倫やめたいけど家族にばらされそう
怖いから別れることが出来ない

不倫を本気でやめたいけど、別れることが出来ない方
家族に不倫がばれることもなく、別れることが出来ない不倫相手と別れることが出来ます。相手からの仕返し等も一切ありません。

不倫相手との別れさせ問題解決のプロのさくら生活安全相談解決所が、責任もって、貴女の人生を取り戻します。

まずはご相談ください。

さくら生活安全相談解決所 が必ず救済致します。

信じる者は確実に人生が救われます。

緊急の解決依頼は全国どこでも即時出張致します。

※別れたいのに別れられない不倫をしている当事者や、不倫相手から脅迫されて別れることが出来ない当事者からの解決依頼のみ請け負っています。他人のカップルや夫婦を別れさせる別れさせ工作は行っておりません。