CATEGORY

警察への対応の徹底指導(事情徴収や取り調べ含む)

警察への対応の徹底指導

弁護士に警察への対応の相談をすると殆どの弁護士は正直に話をして下さい とアドバイスしてきます。 これは大間違いです。そんなことをすると貴方は確実に不利な立場になります。 海外の弁護士は、依頼人が有罪にならないようにするのが仕事ですが、日本の弁護士は、罪を認めて反省の色をしましょう。被害弁償をしましょうというのが基本的な方針です。 警察や検察と、真っ向から戦うよりもはるかに楽だからです。 警察の姿勢 […]