CATEGORY

報道されたリベンジポルノ事件

報道されたリベンジポルノ事件 2012年以降

わいせつ写真送信強要で逮捕 2012.06.28 日刊スポーツ 東京日刊  大阪府警門真署は、女子高生にわいせつな写真を撮らせメールで送らせたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、北海道登別市、とび職A容疑者(42)を逮捕した。A容疑者は携帯電話のブログサービスを通じて女子高生と知り合い、女子高生のブログのプロフィル欄には15歳と書かれていた。女子高生の母親が昨年12月、娘の携帯電話 […]

報道されたリベンジポルノ事件 2013年

リベンジポルノ(復讐ポルノ):被害拡大 元交際相手の裸の写真、ネットに流出 脅迫・強要、事件は氷山の一角 2013.12.19 中部朝刊   元交際相手らのプライベート写真を、ふられた腹いせなどからインターネット上に流出させる「リベンジ(復讐(ふくしゅう))ポルノ」が広がりつつある。スマートフォン(スマホ)などの普及で簡単に画像のやり取りができることが背景にあるとみられ、交際中に裸の画像を求められ […]

報道されたリベンジポルノ事件 2014年

リベンジポルノ 背景に未成年のネット依存 対面より安心感 簡単に信頼 2014.12.10 大阪朝刊   SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)と青少年とのかかわりに詳しい兵庫県立大の竹内和雄准教授(生徒指導論)は、リベンジポルノは未成年こそ注意を払うべきだとする。  経済産業省が10~17歳を対象に行った平成25年度調査(有効回答数2073件)によると、小学生の66・6%が携帯ゲーム機 […]

報道されたリベンジポルノ事件 2015年

リベンジポルノ罰金=岡山 2015.12.29 大阪朝刊   岡山区検は28日、美咲町のトラック運転手の男性(48)をリベンジポルノ被害防止法違反と脅迫罪で岡山簡裁に略式起訴。同簡裁は同日、罰金50万円の略式命令を出した。 リベンジポルノ 懲役2年=群馬 2015.12.26 東京朝刊   元交際相手の首を絞めてけがを負わせたなどとして、傷害罪やリベンジポルノ被害防止法違反などに問われた高崎市金古 […]

報道されたリベンジポルノ事件 2016年

デートDV防止:「対等で自立した関係を」 NPOが出前授業 峰山高弥栄分校 /京都 2017.01.14 地方版/京都  デートDV(恋人間に起きる暴力)防止の出前授業が13日、京丹後市の府立峰山高弥栄分校であった。認定NPO法人「女性と子ども支援センター ウィメンズネット・こうべ」の足立淳子さんと石崎和美さんが講師として、対等なパートナーシップのために男性の生活の自立と女性の経済的自立の大切さを […]

報道されたリベンジポルノ事件 2017年

[社説]「自画撮り」規制 現行法の見直しも検討課題だ 2017.12.20 東京朝刊   子供が自分の裸体を撮影して、メールなどで送信する。「自画撮り」は取り返しのつかない被害を招きかねない。規制の強化が必要である。  東京都、兵庫県両議会で、自画撮り被害を未然に防ぐための改正条例が成立した。  自身のわいせつな画像や動画を送るよう、18歳未満の子供に求めるのを禁じる内容だ。罰則も設けられた。東京 […]

報道されたリベンジポルノ事件 2018年

「パパ活」を甘く見る女子中高生に迫る超危険/性被害や殺人の可能性を忘れてはいけない 2018.11.18 東洋経済オンライン 「#パパ活初心者」「#パパ活大阪」「#パパ活JC」「#パパ活」--。 ツイッターなどのSNSで「パパ活」と検索すると、このようなハッシュタグをつけた投稿が多数見つかる。パパ活とは、パパと呼ばれる男性と食事やデートなどを行い、金銭的授与を受けることを指す。実態は必ずしもそうで […]

報道されたリベンジポルノ事件 2019年

 性的画像投稿の疑いで逮捕 2019.06.26 朝刊  【静岡県】富士署は二十四日、リベンジポルノ防止法違反、わいせつ電磁的記録記録媒体陳列、名誉毀損(きそん)の疑いで、富士市国久保三、会社員t容疑者(25)を逮捕した。  署によると四月二十九日午前一時五十分ごろ、インターネット掲示板に、元交際相手で十代の女性会社員の性的な画像一点や、女性の名前、住所などを掲載し、不特定多数が閲覧できる状態にし […]