CATEGORY

リベンジポルノ問題 相談 解決

リベンジポルノ被害を受けた場合の一般的な対処法・削除法 相談所 解決所

リベンジポルノ被害を受けた場合の一般的な対処法・削除法 相談所 解決所 男女間のカップル又は夫婦間で、エッチな写真や動画を撮影された・撮影させた・メールやLINEで送ってしまったことは全然珍しくはありません。 好きな男性や夫の望みなら、してあげたいと思うのは当然です。 エッチな写真や動画を撮影させたり拒否したら、嫌われるのではないか?の思いもあり、不本意だけど、エッチな写真や動画を撮影させたり、メ […]

リベンジポルノ防止法ではリベンジポルノは防げません!

リベンジポルノ防止法である「私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律」が成立しましたが、実務的には、リベンジポルノ防止法では、リベンジポルノは防げません。 例えば、相手男性Aから、Bの裸の写真や動画(X)を撮影された事実はある →そのXがネット上で拡散 →Xを撮影したのは、Aしかいない →警察に被害届を出す →警察が公開されたサイトの管理人にIP開示請求 →IP開示請求の結果 Aがリベ […]

リベンジポルノ脅迫では、裸の写真や動画を所持していることを背景に、リベンジポルノを利用した脅迫行為を行います

リベンジポルノを行うには二点の条件が必須になります。 ①女性の裸の写真や動画・性行為(SEX)の写真や動画を入手出来ること ②入手した写真や動画を拡散させられる環境 更にネット上の知識があれば ③警察が捜査しても証拠が残らない方法で、インターネット上に、写真や動画を拡散させる実行力 ③まで出来る知識や実行力があれば、リベンジポルノした犯人は、女性の人生を破壊したにも関わらず、野放し状態になります。

リベンジポルノ脅迫の相談実例

元恋人(交際相手)からの脅迫 別れ話を示唆すると、俺と別れるなら、持っている裸の写真や動画はどうなってもいいな?別れると俺にとってお前は他人になるから、他人の裸の写真や動画はどうなろうと俺の知ったことではない?等、裸の写真や動画をばらまくと匂わされて脅迫されるので別れることが出来ない。 別れたにも関わらず、元恋人(交際相手)から連絡がくるが、連絡を一切拒否したいが、拒否してしまうと、リベンジポルノ […]

実際にさくら生活安全相談解決所で、リベンジポルノ解決依頼で、取り扱った解決事例です

実際にさくら生活安全相談解決所で、リベンジポルノ解決依頼で、取り扱った解決事例です。 事例① リベンジポルノされていた20代のご依頼人 始まりは、ご依頼人は、愛人募集のサイトでコンタクトした男性と、面接の名目でエッチしたのです。 そして愛人募集の面接という名目で、相手の男性に、エッチしている場面を一部始終撮影されたのでした。 ご依頼人は、かなり条件の良い愛人の話だったので、したくない変態的プレイ( […]

リベンジポルノされるパターン(拡散・配布・陳列)

①最初から裸の写真や動画、性行為(SEX)の写真や動画等を入手して脅迫(エッチの要求)、恐喝(金銭の要求)を行う目的があるケース (肉体的快楽の要求型・金銭目的の恐喝型) 出会い系サイトや出会い系アプリやLINE・フェイスブック・ツイッター等のSNSで知り合った相手に脅迫されるケースが多いです。 そして相手には個人情報を知られているが、相手の情報は殆どわからないという状況の相談が多いです。 相手は […]

リベンジポルノ事件における成立可能性のある犯罪の種類と罰則

リベンジポルノを盾に復縁を迫ることは強要罪(刑法第223条1項)に当たります。 簡単に解説させていただくと、刑法第223条1項では、「生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせた者は、三年以下の懲役に処する」として強要罪を定めています。 しかしながら、この内容だけでは、実務的に強要罪で刑事事件としての立件は難しいです。実際の法律に照らし合わせて […]

リベンジポルノ脅迫 をするようなタイプは

強い執着心がある ストーカー気質 恋愛妄想型 執念深い プライドが高い 異常な征服欲がある 異常な束縛をする 都合のいいセフレを求めてる 都合のいい性奴隷を求めてる 等のタイプが多いです。

リベンジポルノ 写真や動画の削除問題 と リベンジポルノ拡散方法

ポイント まず ①警察に写真や動画を強制的に削除させることなど出来ません。 個人の所有物を法的に奪うことなど出来ないからです。 ②相手に撮影された写真や動画だとわかってても、相手がネット上に投稿した証拠にはなりません。 それでは実例として相手がネット上に拡散させた方法を書きます。 ① 使い捨てのパソコンで不特定多数が利用するシティホテルやデパートの公衆Wi-Fiを利用して拡散 拡散させるのは自分の […]