不倫やめたい 不倫相手と別れよう 別れたい 縁切りしたい人が、知っておくべき知識⑥

不倫相手と別れたい対策を行った後

①不倫相手が別れに応じない場合

貴方が不倫相手と別れるために、いくら対策を行ってもスムーズに別れられるとは限りません。
この状況での不倫相手と別れるために危険な方法があります。
不倫相手を脅かすように、不倫相手の配偶者に、「あなたの夫(妻)と不倫をしています」と匿名の怪文書などを送りつけてみる方法です。
そして、別れ話では、「あなたの夫(妻)に不倫をバラした。これ以上貴方と付き合っていたくないから別れてください。」ときっぱり別れを伝えるのです。
不倫相手と別れるための具体的に方法を紹介しましたが、この方法を決してお勧めはしません。
何故なら、この方法を行うことにより、次の可能性が生まれます。
①不倫相手が貴方との不倫を配偶者に白状し、結果、不倫相手の配偶者から、不貞行為に対する慰謝料請求をされる
②不倫相手は逆上し、貴方の自宅にいきなり不倫相手が来訪し、不倫関係をバラされる
諸刃の剣というべき危険な賭けになりますのでお勧めはしません。

②不倫相手と別れようとしている貴方の決心が揺らぐ

不倫相手と別れることを決意したが、不倫相手に嫌われる行動が、貴方にはどうしても出来ない、プライドもある、辛くて出来ない と、不倫相手と別れることは難しくなってきます。
別れる決意をしながらも不倫相手と会ってSEXしていると、別れる決意もぐらつくものです。
ここで一つの方法として、別れる決意を揺るぎないものにする為に、不倫相手のプライベートな生活を覗いてみるのです。
不倫相手の人生に、貴方が本当に入る隙がないことがわかるでしょう。
不倫相手にとって貴方は、都合のいい遊びの相手にしか過ぎないのです。
見たくはない不倫相手のプライベート空間を覗いて、別れる決意を絶対に揺るぎないものにしてください。

③不倫を誰にも知られずに別れたい

細心の注意をはかって、不倫相手と別れたい場合には、二人だけで、不倫関係を終わらせる必要があります。
貴方が不倫相手と別れるために、いくら対策を行っても別れられない場合も多いです。
変に不倫相手を刺激したばかりに、貴方に対してストーカーになったりすることもあります。
不倫相手が、ストーカーにもなり更に、不倫相手から脅迫されることも珍しくありません。
この場合の脅かしの言葉として

配偶者や子供に不倫関係であったことをバラす 

という脅かし文句です。
実質脅かしているのは間違いがないのですが、この程度の内容で警察に行っても刑事事件などなりません。

また不倫トラブルで弁護士に依頼する人もいますが、
弁護士が行う解決手段は

不倫相手に内容証明書送付をおこなうことくらいです。

内容証明書送付をしたくらいで、相手が、不倫をバラすのを完全に止めることが出来るのでしょうか?

答えは

不倫相手が貴方の配偶者や子供に不倫をバラすことを止めることなど出来ません。

強制力のある法律で

不倫を配偶者や子供にバラすことを止めることなど出来ないのです。
これは覚えておいてください。

不倫を配偶者や子供にバラされることを強制力のある法律で止めることは出来ない
警察や弁護士では解決は出来ないのです。

弁護士達も商売なので

不倫トラブルを解決すると説明しているところも多いですが、実際には完全解決は出来ません。

不倫トラブル 別れたいのに別れられない問題を解決するなどと言っている弁護士にはこんな質問をしてください。

配偶者や子供には1パーセントもバレる可能性はなく解決できますか?
バラされたら責任をとってくれますか?

と質問してください。

法律の事務屋である弁護士に、責任を求めても無駄です。

絶対に不倫を誰にも知られずに完全解決したい方は

さくら生活安全相談解決所にご相談ください。

全部が全部出来るわけではありませんが、請け負った解決依頼については責任もって100パーセント確実に完全解決致します。