美人局被害 現在進行形で消費者金融に借りさせられそうな時・銀行カードでお金を下ろさせられそうな時の対処方法

美人局被害にあっている場面 
現場で逃げれないとき

美人局被害が現在進行形で進んでいる現場で、さくら生活安全相談解決所に相談があるときあります。

よくある場面では、

美人局脅迫グループは、当日にお金を恐喝しようとしているので、現金を下ろさせたり、消費者金融にお金を借りさせるために、同行し、消費者金融を回ったりするのです。

この美人局の被害手口は、流れとして

出会い系サイトや出会い系アプリで知り合う

18歳以上だと言われてホテルに行く(援助交際のパターンが一番多いです。)

ホテルでエッチ

ホテルから出た後に
コワモテ風の男達に囲まれる
その内の一人に

俺の彼女に手を出したな
まだ15歳だぞ

警察に行くか?示談かどっちがいい?
と凄まれます。

この時には
免許証や保険証を出せと言われ
それを携帯で撮影されます。
会社名や携帯番号、実家の住所や名前等、個人情報も言わされます。

示談にしたいと言うまで凄まれて
示談したいと言うと

今から銀行行くぞ
残高いくらある?
全部下ろせと言われ下ろさせられます。

この場面では暗証番号を忘れているふりをして、カードが使えなくなるまで暗証番号を間違え続けてください。
それでカードが使えなくなり現金を下ろすことが不可能になります。

銀行で残高があまりない場合は、
消費者金融に連れ回されます。
但し、無人くん等の人のいない消費者金融です。
そこで、脅迫者から、
消費者金融から借りるために、色々指示されます。

今回は、ここでの場面でどう対処するかを教えます。

消費者金融の申し込みで

借金や他社への借り入れで1000万円以上の金額の借金があるようにして申し込んでください。

無人くんであろうと本当に人はそこにはいませんが、実は24時間監視カメラで見ているのです。
申し込みするときには、不審な点がないかも見ています。

それを逆手にとり、不審な点がある男を装うのです。
きょろきょろしたりカメラを凝視したり、電話かけるふりして、誰かに指示されている風に装ったりするのです。
申し込みには多額の借金をしているように申し込みします。

これで消費者金融からお金を借りることは不可能になります。

それでも美人局脅迫者は諦めたりはしません。
お金をいつ用意できるかを詰められます。

この時には、3日後から1週間後の期限で、脅迫者と約束をしてください。

出来れば、この時に脅迫者の、メールアドレスやLINE交換が出来るのが理想です。

肉体関係をもったのが未成年だと、美人局での恐喝であったとしても、未成年者との淫行条例で逮捕される可能性が高くなります。

未成年者を使った美人局の恐喝には
ヤクザ。元ヤクザ、半グレ、不良が関与しているのが多いです。
この手口の美人局恐喝被害は、自力解決は困難です。
警察以外で、法律の事務屋の弁護士なども、美人局被害の完全解決は出来ません。

美人局被害解決専門のさくら生活安全相談解決所に直ぐにご相談ください。