不倫やめたい 不倫相手と別れよう 別れたい 縁切りしたい人が、知っておくべき知識②

1、貴方が「不倫相手と別れられない」理由

(1)彼氏(彼女)に泣かれるとすぐに折れる

不倫相手に、別れを切り出した場合に、彼氏(彼女)に「別れるのは嫌、別れないでくれ」「お前(貴方が)がいないと生きていけない」などの泣き落としにあうと、直ぐに同情してしまい、それ以上のことが言えなくなる。
この心境は、泣き落としにあうと、別れ話を断念するくらいの決意しかないのです。
性格的なものもありますが、裏返せば本気で別れようとしていない心理が見えます。
そして後から「どうして別れられないのだろう?別れたいのに。」と後悔を繰り返してしまいます。
本気で別れたいのなら、彼氏(彼女)の泣き落としなど気にもならないと思います。
本気で別れたいのなら、泣き落としにあっても、彼氏(彼女)を切り捨てる強い意志が必要です。

(2)しつこい連絡に迷惑しながら不倫相手の配偶者への優越感や愛されていると喜びを感じる

不倫関係で別れたいと思いながら、このような心境の人は、別れたい反面、ここまで自分のことを好きでいてくれる、愛してくれる人は、別れたら、この先現れないかもとも思っています。
別れるのはもったいない心境なのです。
このような心境の人は本気で別れたいとは思っていません。
都合よく不倫関係を続けられて、害がないのなら、付き合っていきたいとも思っている部分もあるのです。
もう一つの心境として、不倫関係の場合、相手の配偶者に対して勝利しているような優越感もある人もいます。
いずれにしても本気で別れたいとは思っていないのは確かです。

(3)自分が不倫をしていることをバレたくはないが相手の不倫はバラしたい

不倫は罪悪感もあり、これ以上、不倫を続ける自分が嫌だと別れを決意したものの、不倫を楽しんでいるタイプです。
自分の配偶者に不倫がバレることを何よりも恐れていますが、自分から不倫相手の配偶者にバラしたい衝動もあります。
この手のタイプは、自尊心が高く、不倫相手へ密告して自分の存在を知らしめたいとも思っています。
不倫相手の配偶者よりも自分が一番だと感じていたいタイプです。

(4)不倫相手に仕返ししてから別れたい

不倫をして自分だけが傷ついて別れることが許せないという理由でなかなか別れられないタイプです。
気質的に執念深く粘着質です。
されたことをずっと根に持ち復讐のチャンスを待っているようなタイプです。
踏んでは駄目な地雷とも言えます。
不倫相手も同じように傷ついたり、失うものがないと、納得できないタイプです。
しかしこのタイプも、不倫相手と本気で別れたいとは思っていません。
本気で不倫相手と別れたければ、復讐心など芽生えないです。

(5)別れ話をすると、別れるくらいなら自殺すると言われる

不倫相手と別れたい気持ちはあるが、不倫相手に別れ話をすると、直ぐに自殺する 遺書には不倫のことも全部告白した内容を書く と言われ、本当に自殺したらどうしょう と躊躇してしまう。
直ぐに自殺するという人は珍しくなくいますが、自殺する自殺するという人は、まず自殺などしません。
自殺するという人は、注意を引きたい 止められたいだけなのです。
何故なら本当に自殺したい人は、誰にも止められたくないので言わないのです。
不倫の別れ話で自殺すると言う人は、別れたくないので自殺すると言えば、別れることは出来ないとほくそ笑んでいると思います。

(6)別れ話をすることにより、不倫相手に脅されないか不安

不倫というものは、リスクはあります。不倫が発覚すれば、慰謝料請求される、離婚されるかも、仕事を失うかもしれないといったリスクです。不倫相手に別れ話をすることにより、不倫相手が別れることに同意しなかった場合、不倫を弱みの材料にして脅かされるのではないか?といった不安です。
不倫を仮に楽しんでいたとしても、不倫が発覚することは人生が破壊することは何よりも恐れているものです。
不倫 悪いことをしている意識が、それがバレたら私の人生がおしまい と思う心境です。
気が弱く小心な面があるタイプが、ビクビクしてしまう傾向にあります。

(7)不倫相手は暴力的なので別れ話をすることが怖い

不倫相手が、暴力的だったり乱暴な相手の場合、ちょっと口答えをしただけで、その何倍にも返さたりします。
別れ話など言おうものなら、何されるかわからない 脅かしてきそうで怖い と感じ、別れ話をすることが出来ない人も多いです。
確かに、不倫相手のタイプが暴力的だったり乱暴なタイプでは、なかなか普通に別れることは困難です。
自力解決は困難だと思います。

(8)不倫相手はヤクザ・元ヤクザ・半グレ・不良なので別れた後の仕返しが怖い

不倫相手が、ヤクザ・元ヤクザ・半グレ・不良のタイプの場合、別れ話をしたら、何されるかわからない 怖い 怖い仲間もいる 状況だと別れ話をする自体、躊躇するものです。
実際に、このタイプと、別れた後に、嫌がらせや脅かされたりも多いのは確かです。
自力解決は困難だと思います。

(9)不倫相手に、リベンジポルノされる可能性のあるエッチな写真や動画を撮影されている・又は送ってしまっている

これも普通のカップルに限らずに、不倫のカップルでも、エッチな写真や動画、自慰行為やSEXの写真や動画を求められて撮影させた、メールやLINEで送ってしまった状況の女性は多いと思います。
よくネット上でリベンジポルノされないための対応として、エッチな写真や動画を撮影させない事と、弁護士が解説したりしているのを見ますが、女性側からしたら好きな彼氏の望みを聞いてあげたい、拒否することで、彼氏に嫌われるかもと思ったりして、撮影や送ってしまったりしているのです。
撮影させないこと 確かに 撮影させなければリベンジポルノされる可能性はゼロですが、本当に別れることになったり、嫌われたりも実際にあるので、撮影させないことと断じるのはいかにも実務や世間知らずの弁護士の言うことだと思います。
撮影させたことよりも、一番の問題は相手なのです。相手が悪意を持つ相手なら、エッチな写真や動画、自慰行為やSEXの写真や動画を撮影させることやメールやLINEで送ることは、リスクが非常に高くなります。
同意を得ないで、いきなり撮影されたり、盗撮されたりも実際にあります。
同意を得ないで撮影、盗撮するタイプは全く信用は出来ません。リベンジポルノする可能性が高いタイプになります。
このような状況は、自力解決は出来ません。
何故なら、法的には、エッチな写真や動画、自慰行為やSEXの写真や動画は、不倫相手に所有権があるので、警察や弁護士などでは削除させることは出来ないのです。
このような問題の根本的解決は、不倫相手に、写真や動画を削除させることになります。
ちなみに、さくら生活安全相談解決所では、リベンジポルノされるような写真や動画の削除はプロなので出来ます。

(10)別れた後にリベンジポルノされるかもしれないので別れ話を切り出せない

不倫相手にエッチな写真や動画、自慰行為やSEXの写真や動画を撮影れてると、相手がどんな男性であれ、別れ方が納得しない感じだと、後でリベンジポルノされる可能性を考えたりするものです。
9で書いたとおり、相手次第で、リベンジポルノされるので、誰にでも当てはまるような事ではありません。
但し、写真や動画を削除してと頼んで、相手が削除したと言っても信用はしないほうがいです。普通に削除してくれるような男性は殆どいません。
所持したがるのです。
この場合、リスクがもう一つあります。
不倫相手が、エッチな写真や動画、自慰行為やSEXの写真や動画を隠し持っていた場合、それを配偶者が発見すると、不倫の確実な証拠となり、慰謝料請求される可能性が高くなります。
そして自分の配偶者にも不倫がバレることになります。

(11)不倫相手が近所の人間のために、別れた後に、近所に言いふらされないか不安

近所の人と不倫相手になるのはリスクが高いです。生活圏のなかでの不倫なので、共通の知人が沢山いるものです。
そうなると共通の知人に話をされたりするリスクもあります。
実際にさくら生活安全相談解決所で扱った解決依頼で、不倫をしているのを知った第三者の知人から脅かされて金銭や肉体的要求をされてる事例も時々あります。
それも不倫を弱みの材料にして終わりのない脅迫が続くことになります。

(12)上司と不倫しているために、上司から、別れるなら、仕事を失うと脅されている

これもよくある不倫の形です。
上司と部下 仕事の内容によっては、一緒にいる時間が多いので不倫関係になりやすいです。
このパターンだと上司に誘われて、断れない 断りづらい 状況で、強引に不倫関係も強要されてしまう事例も多いです。
断ると失職させる 降格にすると脅されて、肉体的関係を要求をされてる事例も多いです。このような脅かし要素が入ると実質レイプと変わりません。
このような状況では、脅かしてきている不倫相手は卑劣な社会のクズです。
自力解決は困難だと思います。