美人局

美人局

「美人局(つつもたせ)」 とは?
美人局の語源や、実際にある美人局の犯罪手口も公開致します。

「美人局(つつもたせ)」とは男女で共謀しターゲットを陥れて、脅迫・恐喝・詐欺を行うことを意味します。
テレビや新聞や雑誌などで誰しも見たことはあると思いますが、正しい意味や由来を知っている人は少ないと思います。
ここでは「美人局」の意味や語源、そして、どんな手口の卑劣な犯罪なのかも詳しく公開していきます。
日常会話でもよく出てくる言葉です。
意味を深く知ってたほうが、使いやすいと思います。

1.「美人局」の意味
2.「美人局」の語源
3.「美人局」の犯罪手口と特徴
4.「美人局」の英語表現・例文

1.「美人局」の意味
1-1.意味は「男女(夫婦やカップルの 場合もあり)で共謀した脅迫・恐喝・詐欺」

美人局

読み方:つつもたせ

意味:男性が妻や恋人関係にある女性(夫婦やカップル以外での他人が夫婦やカップルに成りすましてのパターンもあります。)に他の男性を誘惑させて、コワモテ風で脅かし、言いがかりをつけて金銭を脅かしとったり、詐欺を行うこと。

「美人局」は男女が共謀してターゲットを誘惑し、知らないふりをした男が「自分の妻を誘惑した。俺の女に手を出した」と恐喝したり詐欺をして金品を巻き上げる犯罪行為を意味します。
「美人局」を仕掛けるのは夫婦に限りません。
夫婦でも、女性が仕掛けてコワモテの男性が登場するパターンもあれば、男性が仕掛けて、妻(妻を装った)が登場し、既婚者の設定で、不倫が発覚したように偽り、不貞行為に対する慰謝料請求という形で、美人局を行うパターンも多いです。
恋人同士や、交際をしていない男女が共謀してい行う場合でも、このような行為は「美人局」と呼ばれます。
暴力団(ヤクザ)や半グレ、不良たちの一つのしのぎとして、美人局を行っているケースも多いです。
もっと悪質なのが、本当の未成年者を使った美人局のケースです。
この未成年者を使った美人局に引っかかると、弱みの材料としては大きく、徹底的に、金銭を搾り取られます。
何故なら、未成年と援助交際でもしてしまうと、未成年が警察に被害届を出した場合、ほぼ確実に逮捕されます。
美人局だと証明されても逮捕されます。
美人局事件と、未成年者との淫行は別の事件として警察は扱うのです。

日本では、鎌倉時代には「美人局」の事例が見られ、武士を陥れるための罠として利用されていたそうです。
当時は男女の不倫は厳しく取り締まられ、「美人局」に引っかかった武士は家禄を取り上げられたり島流しにされたりしたのです。

1-2.「びじんきょく」は間違い
「美人局」は漢字をそのまま読むと 「びじんきょく」と読んでしまう人もいますが、間違いです。
知らないで「びじんきょく」と読んでしまうと、知ってる人からしたら笑われかねないので意しましょう。

2.「美人局」の語源

2-1.もともとは中国の言葉
「美人局」はもともと、中国で元の時代から使われていた言葉なのです。
美人局の意味は、日本で使われている意味と同じで、男女の関係を利用して陥れて、脅迫・恐喝・詐欺を行う犯罪を表す言葉として使われました。

2-2.ばくち用語「筒持たせ」
日本語の 「つつもたせ」の語源は、昔、日本で博打打ちが使っていた「筒持たせ」という言葉なのです。
「筒」とはサイコロを使う博打で用いられていた道具です。
中にサイコロを入れて振るために使われていました。
細工をした筒を用意する事を「筒持たせ」と言い博打でイカサマすることを指すのです。。
転じて広い意味の脅迫・恐喝・詐欺を表す際に使われ、男女関係の脅迫・恐喝・詐欺についても用いられるようになりました。
その後、中国語の「美人局」の読み方として、日本語の「つつもたせ」が定着したと言われています。

3.「美人局」の犯罪手口と特徴

3-1.「美人局」の手口
「美人局」の手口は時代とともに変化し、数えきれないほどのパターンがあります。
ここでは 代表的な手口を紹介します。
人生には何処で落とし穴にあるかわかりません。
「美人局」被害にあわないようにご注意してください。

①バーやスナック、居酒屋でターゲットを物色している手口

昔から使われる手口で、1人で飲んでいる男性に、美人局を行う女性が接近、誘惑してきます。
飲む場所なので、アルコールの力もあり、判断力が鈍っているところに、男性のスケベ心に付け込まれるのです。
据え膳食わぬは男の恥という言葉がありますが、一夜限りの情事だと勝手に都合のいいように解釈し、既婚男性も、誘惑に乗ってしまうのです。

そして次の段階は、コワモテの男性が、どの場面で登場するかです。

美人局の夫婦やカップルの場合、ホテルに入る前に登場するパターンもあります。
しかし、ホテルに入る前だと、弱みの材料としては弱いです。
美人局の目的はお金です。
ホテルの入る前では、弱みの材料としては弱いです。
このパターンの場合、要求金額もせいぜい数万円から50万円以下が多いです。

本当の夫婦やカップルの場合、脅かし役の男は、妻や彼女を、他の男性とSEXさせたくないとホテルに入る前に登場するパターンになります。
然しながら、美人局を仕事としてるのなら中途半端なやり方になるので、このタイプの美人局脅迫犯は、プロでなくセミプロといえるでしょう。
つめが甘い美人局です。

次にホテルにはいった後、ホテルから出てきた時に登場するパターンは、プロと言えます。
美人局の脅迫の材料として
肉体関係を持ってしまったとの持ってない状況では雲泥の差があります。
更に、美人局の被害者が、既婚者なら、既婚者だということが更なる弱みの材料になります。
奥さんや子供にばらすぞ!という脅かし文句は、絶対に、奥さんや子供にばれたくない既婚男性にとっては、爆弾のような材料になるのです。

美人局の脅迫者にとって独身の男性より既婚男性のほうが、脅かし甲斐があるのです。

このパターンの美人局だと、1回目の要求金額は、50万円から100万円が多いです。1回目と書いたのは、このパターンでは、2回目、3回目と要求が続くパターンが多いからです。

1人でお酒を飲むのが好きな男性は、いつ狙われるかわからないので、頭の片隅にでも、世の中、美味しい話はないことを肝に銘じてください。
美人局の知識があるだけでも、美人局の被害にあう確率がかなり減ります。

②出会い系サイトや出会い系アプリ、SNSでターゲットを物色している手口

今やインターネットがないと不便な世界です。
インターネットの登場で、世界は広がりました。
全国どこでもインターネットを利用した出会いが普通にあるのです。
しかし便利な面、悪用する悪党たちも多いです。
悪党たちは
インターネットを利用して美人局を行うのです。
インターネットを利用した美人局は年々増え続けているのが現状です。
インターネットを利用した美人局は、時間や場所など都合のよい相手を探しやすく、美人局のターゲットを簡単に物色できるようになったのです。
出会い系サイトや出会い系アプリの場合、利用者が結婚しているケースも多く、既婚者であることが弱みの材料になるのも一因と言えます。
待ち合わせ場所で、指定された場所に行くと、コワモテの男性が複数人で登場し脅迫・恐喝されるという流れです。
相手から脅しやすい人気のない場所を指定されたりすることも多いので、待ち合わせは用心深くなってください。
相手側が指定する場所が知らない場所なら、尚更、注意をしてください。

③18歳未満の中高生を利用してターゲットを陥れる手口

この美人局のケースは悪質度が高いです。
未成年者に18歳以上だと偽らせ、男性を誘惑する手口もあれば、最初から、未成年だとわかってるけど、エッチしたい下心に付け込まれた手口
18歳以上なのに、未成年だと偽り、脅される手口 等
様々あります。

最初から未成年だと言われてホテルに行ってしまうパターンだと、簡単に脅かされる流れになります。
しかし一番多いのは、最初は未成年なのに18歳以上だと偽り、ホテルに行った後に、未成年だということを明かすパターンです。
このパターンだと援助交際が圧倒的に多いです。
そして未成年と肉体関係をもってしまうと、美人局脅迫者に強烈な弱みの材料とされて脅かされていく流れになります。
相手が未成年だと、警察に行くと、自分も逮捕されると思うので、警察にも行けない心理状態になります。
実際に、美人局脅迫であったとしても、淫行条例違反は別の事件なので逮捕されるリスクは高いです。

さくら生活安全相談解決所が扱ってきた相談では、
美人局被害に遭ったのに警察に被害届を出しに行ったら、受理してもらったと思ったら逮捕された。
といった相談が多いです。

出会い系アプリや出会い系サイト 何れも、援助交際にしても、会う時には、妙に若いとか何か不審なことを感じたら、何か理由をつけて早急に逃げるべきです。
美人局をやる女性は、被害男性と会っているときにも、頻繁に携帯で誰かとやりとりしています。
注意深く観察してたら、必ず不審な行動をしているのがわかるのです。
援助交際などは、お互いの名前も名乗らないのが普通です。
相手が未成年者かもしれないと感じて身分証明書を見せてと言っても普通は見せません。
それでは貴方の身分証明書を見せてと言われても困るので、尚更、言える心境ではないのです。
怪しいなと感じたら、逃げるのがベストな対処です。

美人局は
決して珍しいことではありません。
身近に潜む犯罪です。

美人局被害に遭わないためにも美人局の知識をしっかり身につけてください。

3-2.「逆美人局」もあります。

これは、男性が女性をターゲットにするケースになります。
美人局といえば、男性が被害にあうイメージですが、逆美人局とは、男性が女性をターゲットにして脅迫・恐喝・詐欺を行うパターンになります。
出会い系サイトや出会い系アプリ、SNSのほかに、結婚相談サイトなどの婚活している女性をターゲットにしているのです。
真剣に結婚を考えている女性が、男性と関係を持った後に、
実はその男性は既婚者(既婚者のフリ)であり、女性側が、相手の奥さんから慰謝料を請求されるというケースが多いです。

被害女性が、既婚者のパターン(不倫)もあり、夫や子供にばらすと脅されるケースも多いです。
美人局を仕掛ける男性が既婚者の設定だと、ダブル不倫という形になり、このパターンだと、弱みの材料としては大きいので、要求金額も多額になります。
また延々と恐喝され続けるケースも多いので被害に遭われてたら、直ぐにさくら生活安全相談解決所にご相談ください。
さくら生活安全相談解決所は、未成年者との淫行条例違反があるような美人局被害でも、どのような美人局被害でも、誰にも知られず刑事事件にもならずに完全解決することが出来る解決所です。

3-3.「美人局」に該当する罪は?

立派な犯罪行為である「美人局」は
現代の法律に当てはめると、 次の3つの罪に該当致します。

脅迫罪
恐喝罪
詐欺罪

以下に詳細にそれぞれの罪の解説をします。

【脅迫罪】

「お金を払わないと奥さんや子供に暴露するぞ!」等は、刑法上は、脅迫罪になり、2年以下の懲役または30年以下の罰金。

【恐喝罪】
脅迫という手段で、金品を奪い取る行為は恐喝罪になり、10年以下の懲役。

【詐欺罪】
相手を騙して金銭を騙し取り、金品を得たりする行為は詐欺罪に該当し、10年以下の懲役。

上記のように刑法上は、「美人局」は10年以上の罪に問われることもある重い犯罪ですが、上記のような被害でも、刑事事件として受理されなかったりするのも多いです。
法律は万能でもありませんし、警察も必ず動くわけではないのが現状です。

4.「美人局」の英語表現・例文

「美人局」は外国でも同様の手口で行われることがあります。
美人局という犯罪はどこの国でも同様にあります。

以下が、英語で「美人局」を表現する場合の例文になります。

英語1.badger game
「badger game」は女性をおとりにしてお金をだまし取ることを言い、「美人局」と同義語です。
「badger」はアナグマを表す言葉であり、18世紀に行われいたという「犬をけしかけてアナグマと戦わせる遊び」に由来しているそうです。
「badger game」は、一般的ではなく専門的な言い回しです。

<例文>
Be careful as it is a badger game.
(それは美人局だから気を付けろ。)
The couple laid the badger game.
(その夫婦は美人局を仕掛けた。)
英語2.a kind of honey trap
「a kind of honey trap」は直訳すると「一種のハニートラップ」となり、 広い意味で「美人局」を表現するのに使えます。
「ハニートラップ」という言葉は、日本でも聞き馴染みがありますよね。
「美人局」は金品をだまし取るのが目的ですが、「ハニートラップ」は情報を得るのが目的です。
女性が誘惑するという手口は同じですが、その目的が違うため、「a kind of(~の一種」を付けて「ハニートラップの一種」というように表現します。 
「ハニートラップ」と「美人局」の違いを分かりやすくするためには、お金のやり取りがあったという事実を説明すると良いと思います。
<例文>
I robbed his money by setting a kind of honey trap.
(僕は美人局で彼のお金を奪い取った。)
He was the victim of a kind of honey trap and the amount of damage was large.
(彼は美人局の被害者であり、その被害額は大きかった。)