法律上の不倫

日本の法律では、不倫は『不貞行為』(貞操義務の不履行)、
『法定離婚原因』に該当します。


一度きりの性的交渉も不貞行為とされますが、
離婚理由になるには反復的です。

継続的に不貞行為を行っていて
男女間の密会が性交渉を伴わない場合は『不貞行為』にはなりません。