民事介入暴力、典型的な脅迫の手口

民暴、典型的な脅迫の手口として
民暴事案での暴力団の行動パターンは、
大きく分けて次の3段階があると言われています。

第1段階 接近
まず標的を定め、機関紙購読要求、下請要求、不祥事案その他様々な「ネタ」をもとに接近を図ってきます。

第2段階 攻撃
コンタクトに成功すると、いろいろな脅しのテクニックを用いて、困惑させ、恐れさせ、
心理的に追い込んできます。

第3段階 目的達成、再攻撃
心理的に追いつめられて金を出すと、彼らにとっては目的達成と言うことになります。
しかし、金を出したことによって、組みし易い相手として認識され、何回も脅してきます。また、暴力団の横のつながりから、他の暴力団の標的にもなります。