暴力団(ヤクザ)や反社会的組織に弱みを握られての脅迫被害や恐喝被害パターン


暴力団(ヤクザ)や反社会的組織に、頼み事をした事がきっかけで強請られたり、お金を貸してくれと言われる場合

お金を貸した場合には、暴力団(ヤクザ)や反社会的組織に属する相手にとっては返さなくていいお金だと思っているので、事実上の恐喝になります。

もしも、暴力団(ヤクザ)や反社会的組織に属する相手に1度でもお金を貸したり、恐喝されてお金を渡してしまったら
あなたが借金漬けになって骨までしゃぶりつくされるまで、 暴力団(ヤクザ)や反社会的組織に属する相手にお金を恐喝され続けることになります。


暴力団(ヤクザ)や反社会的組織に、人に知られたくない事を知られたことで
脅かされて、お金を恐喝されている場合

暴力団(ヤクザ)や反社会的組織に属する相手に恐喝されて一度でもお金を渡してしまったらあなたが借金漬けになって骨までしゃぶりつくされるまで、
暴力団(ヤクザ)や反社会的組織に属する相手からお金を恐喝され続けることに
なります。


暴力団(ヤクザ)や反社会的組織に、犯罪や犯罪的な弱みを握られて、
犯罪の手助けや犯罪行為の仕事を強要されている場合

暴力団(ヤクザ)や反社会的組織に属する相手の犯罪行為に加担した場合には、
逮捕されるまで強要されます。

また、暴力団(ヤクザ)や反社会的組織に属する相手の犯罪行為に加担したことで、 犯罪行為自体を更なる弱みの材料にされることになります。

逮捕された場合でも、暴力団(ヤクザ)や反社会的組織に属する相手との縁は
切れることはありません。

釈放後、または、実刑が確定し刑務所から出所後も、
暴力団(ヤクザ)や反社会的組織に属する相手は、平気で連絡をしてきます。

あなたの人生は、暴力団(ヤクザ)や反社会的組織に属する相手にむちゃくちゃにされ骨までしゃぶられることになります。

以上、様々ですが
弱みに付け込んだ強要、脅迫、恐喝は人間として許せることではありません。